映画祭について

2015 年5 月に第一回を開催した「大須にじいろ映画祭」は、東海地方にまだなかったLGBT 系の映画祭です。レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー(LGBT)の尊厳を象徴するレインボーフラッグは、性のあり方の多様性を表現するものとして世界中で使われており、ここから「にじいろ」と名付けました。

セクシャルマイノリティを含め、全ての人が自分らしく自由に生きられる社会を支持するため、多くの方に映画を通じて理解を深めてほしいという願いをこめて昨年に引き続き、開催を継続していきます。

大須という街は、よく「ごった煮」と言われるように、文化や芸術の多様さにおいても、そこに集まる人々の多様さにおいても、自由で包容力に溢れており、こうした映画祭を行うにはもっとも適した街と考えています。

「大須にじいろ映画祭」は、多様な性のあり方を、多様な映像表現で多くの人に伝えたいと考えています。

(自分自身をセクシャルマイノリティと感じる人を当事者、そうでない人を非当事者と表現しています。)

大須にじいろ映画祭 実行委員会代表
江尻真奈美

開催日

2016年8月27日(土)、28日(日)

開催場所

大須演芸場(8月27日)、シアターカフェ(8月28日)

内容

映画上映、講演、懇親会(交流パーティー)など


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です